お手本をよく観察しましょう


 

「お手本をよく見て書きなさい」と対面教室ではよく言います。

通信講座も同じですよ。お手本をよく観察しましょう。

 

できれば書く前に、隅々まで丁寧に観察してみましょう。

角度、長さ、止め、はらい、バランスなど観察するのです。観察すればするほど、ポイントを多く発見することができます。自分で発見したポイントは忘れません。脳の記憶に残ります。ポイントを意識して書くのと、意識しないで書くのでは、大きく違いがでるのは分かりますよね。

 

ですから、新しい課題が届いたら観察しましょう。
どのように筆を進めていくか時間をかけてイメージを浮かべてみるのもいいでしょう。

お手本をよく観察することでひとつでも気づきが増えれば、上達することは間違いなしです。

 

芳墨会実用書道・ペン字通信講座 受講生募集中!

美しい文字は大人の教養です。

今日からスタートしてみませんか?

 

無料資料をお送りします。お気軽にお問合せください。